嶺北の山々

畑のシーズンを迎えるに当たり、山へ行くことにした。代掻き前の綺麗な汗見川を上へ上へと県境の峠まで。1時間ほどで登山口に着いた。

花も新緑もまだだったが、本当に静かで久しぶりに心が休まった。昼過ぎから登り始めたので、時間的に無理をせず、大森山で引き返すことに。前日まで丸太を運んだり割ったりしていたこともあって、体力的にも十分だった。

長閑なところですねと言われるような中山間地で暮らしているのに、更にまた山に登る。ただ歩くことに専念できるということ、ただ景色を楽しめることって、仕事や責任に追われる日常では中々叶わないものだ。とはいうものの、最近の私といえば、土地の手入れが大変でも面白くなってきており、それは藪がだいぶん片付いて光と風が通り、残した木々がいよいよ立派に栄え、木漏れ日や新緑を十分楽しめるようになってきたからだろうと思う。手を入れた後の清々しさや、その仕上がりを眺めるのも山登りでは味わえない良さがあるのだ。

嶺北に移り住んで20年が経った。だからどうということもないんだけれど、ちょっと振り返って物思いに耽ったりもする。日当たりの悪い雨漏りのする家で7年暮らした後にようやく南斜面に建つ家と土地が見つかり、手入れを続けてきた。山に呑まれていたところを今の状態にするまで10年以上かかってしまい、果たして、これからの20年でどこまで持っていけるか。

同じ集落の還暦を過ぎた農家さんが花のなる木をたくさん植えているのを見て、ああ、子や孫のことを想って桃源郷を作ろうとしているのかなあとしみじみ思ったりもする。子を授からなかった私たちは、この土地において一代で終いをつけることになるけれど、それもまた人生ということで、私は私なりにここに楽しみを見出していきたいと思っている。

装備はいつもの一泊分。弁当作って非常食は手軽なクスクス。

道中、山の至る所に植林の大規模な皆伐が進んでいた。大胆過ぎやしないだろうかと心配になる。