作成者別アーカイブ: ikufarm

裏山の手入れ

冬から春にかけて伐り倒した木を順次片付けています。全て玉切りにして割って運び出します。枝は向きを揃えて積んでおき、風呂焚きに使います。

 

竹に浸食され、50センチを超す大径木の全てに腐れが入っていました。適宜手入れをしてこなかった植林は、今更間伐しても手遅れなのではないかと思います。ハズレ率が高ければ、一本一本値をつけるような仕事は割に合ず、皆伐して集成材やチップにするしかない。地元に新しくできた製材所も集成材専門です。そして、その一方で無垢材の値が上がっているのです。

なかなか骨の折れる仕事です。(楽しんでますけど)

畑のようす〜11月上旬〜

生姜や里芋、温海かぶの収穫が始まりました。

たっぷりの敷き草の中で綺麗に育ちました。

里芋は赤目のセレベスと白目の石川早生です。

生鮮は「IKU FARM FRESH」として販売もしておりますので、ピクルスと共にどうぞよろしくお願いいたします。

数年前、足下に見つけた銀杏もこんなに大きくなって秋を彩ってくれています。バラは嫁の実家から株分けしてもらったもの。裏山に植えたドングリもクヌギとわかるくらいに育ってきました。

書籍掲載のお知らせ

「おみやげのデザイン PACKAGE DESIGN FOR FOOD GIFTS IN JAPAN」に掲載されました。

デザインに主題をおいている専門紙ということで、デザインとイラストに焦点を当てていただけたことは、とてもありがたいです。

 

工石山へ

生姜の仕込を前に、近くの工石山へ一泊のキャンプをしてきました。

15時過ぎに家を出て買い出しの後16時ごろに登山口へ。いつものように日暮れを気にしながら下山するのではなく、今晩はこの山に泊まると思うと、気持ちも見える景色も違います。山頂へは小一時間で着きました。テントを張り、寝袋も敷いて準備万端、作ってきたお弁当にビールで一杯やりました。標高は1176m、遠くに高知の街明かりが見えます。が、かなり寒かったので早々に引き揚げました。

翌日、テントを出れば目の覚めるような朝焼けが迎えてくれました。

澄んだ空気の中で淹れるコーヒは格別でした。なんでこれまでやらなかったのか。

さて、今回の山登りでショックだったのが倒木の多さでした。10月下旬、1週間ほど雨が続き地盤が緩んでいたところに来ての台風が原因だと思われます。根こそぎ倒れている檜が目につきました。

直根がないことに驚きます。ごく浅くへばり付くようにしか根が張っていない、これほどとはさすがに思ってもみませんでした。もちろんこの木だけではなく倒れている檜や杉のほとんどがこんな具合でした。

虫食いや腐れの入った木は途中で折れていました。

そして、山を下り、土佐山の方へ行くと、かなり広範囲にわたって植林が崩れていました。

こういう光景を見ると、家の裏を植林にすることが相当危険で間違ったことなのだと再確認されます。土砂が崩れてこなくても、高く重量のある木が倒れてくればひとたまりもありません。薪を必要とする暮らしの中で、浅木の山として手入れをつづけるからこそ守られた里山だったのでしょう。やはりこれからも裏山を伐らせてもらうようにしなければと、思いを強くしました。

「まきので“食べるを考える”」に出店して

秋の穏やかな陽気の中、とてもリラックスしたイベントとなりました。

はじめてのお客様だけでなく、私たちの知らないところでこれまで懇意にして下さっていたお客様にもお会いすることができました。また、10年ぶりの懐かしい顔や、久しぶりの出店者仲間、そして、今回の出店を事前に知って下さっていて、わざわざ顔を見に来てくださった方々の嬉しいサプライズもあり、しみじみ出店してよかったと思いました。

牧野植物園のある五台山からは高知の街並みが一望できます。

大学に入るのを機に高知で暮らすようになってもうじき20年になり、其処ここに懐かしい顔が浮かび、暗中模索でひとり彷徨っていた街角が目に入ってきます。本当に自分のことを気に掛け、その言葉の通りに心配してくれていた人とそうではなかった人が、今となってはわかります。そして、それは私自身にも言えることでした。有り難いことにパートナーに恵まれ、自分たちの仕事に共感してくださる人がいることを実感できるようになり、目に映る街の景色は新しく塗り替わったように感じています。これまで気にはなっていても、自分のことに精一杯でかける言葉も見つからなかった相手とも、はじめて楽しい会話ができました。思えばお互い様だったのかもしれません。これからが楽しみです。

少しでもこうした機会に出て来れたらと思っています。

 

出張まなべ商店@katakana自由が丘店

まなべ商店ラインナップが、9月2日〜29日までkatakana自由が丘店さんに並びます。

お近くの方はどうぞ。

【出張まなべ商店@katakana自由が丘店】 2018.9.2-9.29 今年も自由が丘のカタカナさんにて、四国のおいしいものをずらりと販売させていただいてます。 ピクルス屋いく農園さんの傑作の品々もkatakana自由が丘店へお届けしています。 ぜひぜひお試しください。 贈り物にも喜ばれます。 Repost from @katakana_jiyugaoka @TopRankRepost #TopRankRepost 【四国のおいしいもの屋 まなべ商店のPOPUP SHOPより、おいしいお知らせ】 [高知県・ピクルス屋いく農園・季節のピクルス] 嶺北の山で長い時間をかけ土をつくり、そして野菜を育て、一番美味しいタイミングを見て収穫をしたお野菜はびっくりするほど美味しく食べると元気になります。そんなお野菜でピクルスを仕込んでいます。仕込み水は工房のある土佐町の麦山という山の大変美味しいお水で仕込んでいます。お野菜ごとにピクルス液の調合も変え、丁寧に仕込んだ商品をお試しください。 #いく農園 #ピクルス #高知 #まなべ商店 #四国のおいしいもの屋 #おいしいもの #katakana #自由が丘 #奥沢 #雑貨屋

A post shared by ukikikumi (@manabeshoten) on

 

畑のようす~7月下旬~9月上旬

圧倒されるほどの獣害から始まった今シーズン。作付け予定地を大幅に変更することになり日程的にも体力的にもギリギリな中、向こう4年間受けることになった部落会計の仕事や伐り倒した支障木の後始末などがあり、ピクルスの仕込みと畑仕事のリズムを作るのがなかなか大変でした。地域と向き合うことのむずかしさを実感することはしばしばです。自分たちの暮らしをより良くするために何か事を動かせば、波風はどうしても立つものなのかもしれません。しかし、いずれにしても乗り越えなければならなかったことであり、今後を見直し前進させる節目の年となりました。

結果的に、ものによっては例年よりも仕込数を減らす、もしくは仕込めないものもありますが、なにとぞご了承ください。

キュウリや生姜は例年通りです。冬作はペースを持ち直すよう、人参や大根、蕪などの種蒔きを順次進めています。

軽トラ効果で敷き草をたっぷり、調子よさそうです。

 

展示室と雑貨 空 + kan 

埼玉県越谷市の空+kanさんで催されている、

Tokiko Kurokawa  glass exhibition〜ガラスとピクルスと〜

香川県に工房を持つ黒川登紀子さんからお声掛け頂き、夏に活躍するガラスたちの展示会にイクピクルスもご一緒させて頂いております。

お近くの方はどうぞ足をお運び下さい。

空+kan instagram

期間:2017,7,13〜7,25