農業と田舎暮らしついて

IMG_2498

北海道の恩師から鮭が届きました。

19歳の時に牧場アルバイトでお世話になって以来、大学卒業後の進路に迷っているときも、農業に展望を見いだせないときも、そのほかにも数えられないくらいお世話になっています。

先日、電話で聞いた話。

北海道でも法人化が進んでいて、近隣の農家が出資し合って規模を拡大し、効率化を図るわけですが、なかなかうまく行ってはいないようです。

農地を拡大すれば身入りが増えるということではなく、規模に見合った更なる大型機械が必要になり、新たな負債をする。出資者同士の関係がうまくいかず辞める人も多いのだけど、その人の土地は既に法人名義になっているので、帰って耕す土地もなく農家に戻ることはできない。離農し、どこか雇ってもらえる口を探すしかない。そんな悲愴な話を聞きました。

「農学栄えて農業滅ぶ」と言われてきたように、これから農業に携わろうという人にも、農家をめざすのではなく、それを斡旋する側にまわる人の方が多いように見えます。正直なところ、あれ?という感じです。担い手の高齢化は明らかに進んでいて、これまで草を刈っていた人もそれが無理になり、除草剤を使うようになっている現実があります。なので、手伝いで終わるのではなく、その人自身が主体となり、責任とリスクを負って農業に従事する、少なくともそれを目指して欲しいと思います。

移住や地域おこしという言葉が頻繁に使われるようになった頃から、田舎に移り住むその意味合いが違ってきているかもしれません。そもそも、私個人の考え方では、各々がそこで暮らすために仕事をする、無ければ作り、暮らしを立てていくことで、結果的に地域は興るものだと考えています。しかし、地域おこしという新しい仕事を、地域経済がまわるよう稼げる仕組みを作る仕事と、敢えて定義付けるなら、その仕組みを作り、商品提案をして終わりではなく、提案した人自身が主体となって実践し、常に変化し続けなければ、その仕事は続かないはずです。

10数年前に農家の研修生としてこの土地に来た当初、「骨を埋める覚悟はあるかよ」と地元の農家さんに訊かれたものです。一人ではなく何人もの人に訊かれました。街暮らしには無い衝撃的な言葉でしたが、今となっては、それが不思議なほど納得できます。農業も農村で暮らすことも、土地に根を下ろさなければ、いつまでたっても自分の事として真摯に向き合うことはできないと実感してきたからです。土地の手入れをし続けることも、そこでずっと暮らしたいといつわりなく思えた時にはじめて、身が入りました。地域の役を受けるも断るも、それ相応の理由がなければできることではありません。私は消防団を3年務めた後、辞めましたが、それは辞めなければ農業を続けられなくなると思い知ったからです。実際の消火活動ではなく、練習や大会に参加する為に捨てたたくさんの野菜、それを兼業の人が仕方がないと笑うように自分を納得させることはできませんでした。農業を生業とし、ここでずっと暮らしたいと本当に思えていたからこそ、地域からどういう処遇を受けるかとても不安でしたが、言う決心がつきました。

価値観は人それぞれですが、各々主体となる、そこは共有したいものです。

頂いた鮭は立派でした。これぞ自然の恵みですね。

 

IMG_2506 IMG_2514IMG_2511

IMG_2530 IMG_2524IMG_2537 IMG_2543