agriculture

持続可能な農業を模索する中、「作物は何をもって育つのか」その本質に改めて向き合うことでこそ開ける展望があるのではないかと考えるようになりました。慣例を見直し、農薬や化学肥料を使わないのはもちろんのこと、不耕起・無肥料栽培で野菜を育てています。畑仕事の源泉を辿り、 刈り草や落ち葉など、自給できる有機物をもとに土を作る、その限りある資源を最大限に生かす方法としても、不耕起であることは理にかなっています。 畑はすべて露地。育苗には、有機JAS認証の苗土を使っています。

「不耕起・無肥料栽培について」

「不耕起(ふこうき)」は全く耕さないというように誤解されやすいのですが、それほど大それたものではありません。農業はいずれにしても耕作することであり、 畑仕事には播き床や植え床を整えたり、収穫で掘り起こしたり、耕していることになるのでは?という仕事は往々にしてあります。ただ、耕す上では勘所があり、過ぎ たるは及ばざるがごとし、改めて耕すことそのものを見直す必要もあります。なので、逆に、耕さないでおくことによる好ましい状態を考え合わせれば、やりようによってはむしろ耕さない方が理に適っているのではないか、というのが不耕起栽培です。

多様な植生は豊かな生態系を育みます。畑においても同様、いろんな雑草が生えていることは土壌の物理性、生物性、化学性を整える上で重要であり、根にしっかり支えられた畝は安定して通気性、排水性そして保水性に富み、土壌の流亡を防ぎます。耕さないのはその優れた機能を壊さないためです。

無肥料なら、トラクターを使った全面耕起の必要はありません。はじめに立てた畝を継続して使います。

 

IMG_1867

「無肥料」とは肥料分が無いという意味ではありません。肥料を使わないという意味です。

第一次産業であるはずの農業は今、製造業と同じように、肥料や飼料、種、各種資材についても自給率は低く、他に依存しています。その結果、2009年には国際的な化学肥料の価格高騰から有機肥料の需給バランスが崩れ、供給不足となりました。いく農園では当時使っていた肥料も米ぬかも手に入れることができず、その年の作付けをどうしたらいいのか途方に暮れてしまいました。

慣行農法に限らず一般的な有機農法においても栽培技術の基本は、作物の生育に必要な要素を数値化し、土壌分析の結果をもとに肥料やミネラル資材を用いて不足を補う、あるいはバランスを調整するとしています。理論上、刈草等の自給できる有機物で数値を満たすことはできないため、肥料がなければ技術体系そのものが成り立たないことになり、つまるところ、肥料がなければ作物は育たないということになってしまうのです。本当に必要なのかも分からないままに肥料を買い、高価なミネラル資材をありがたがり、私自身、いつの間にか依存していた事に改めて気づかされました。これが転機となり、作物は何をもって育つのか、その本質に改めて向き合うことにしたのです。

「農学栄えて農業滅ぶ」ということにならないよう、複雑な産業構造から一歩引いて農家の独立性を確保するには、まず技術的に自立すること。通例を鵜呑みにしなければ、小規模であることは弱みではなくなり、貿易自由化や変動する円相場の影響を極力受けずに済むのではないかと改めて考えるようになり、2009年より全て無肥料栽培に切り替えました。

「作物は何をもって育つのか」

畑仕事に於いて気をつけるべき要素は大きく分けて3つあるとされています。「物理性」「生物性」そして「化学性」です。陽当たりや風通し、水はけを整え、昔からされて来たように刈草を基に土作りをする。土が肥えれば結果として作物は元気に育ちます。根も呼吸するので、畝はふっくら空気を抱いて通気性のいい状態を保つように、また、特定の虫が異常発生することの無いよう、バランスのとれた多様な生態系が育まれるように心がける。「生物性」と「物理性」については五感で感じられるので、畑で何をすべきかは経験的に判断できるようになる。そう思えます。

しかし、土壌の「化学性」は、実感することが難しいにもかかわらず、今後も収穫を得られるかという「農業の持続性」に深く関わるため、無視できない要素です。では、そもそも、なぜ作物が健全に育たない状態になるのか。それは、毎年同じ作物ばかりを育てる連作や、畑一面それだけが生えている単一栽培、そして、土作りを怠り、土壌の生物性、化学性に極端な影響を与えるほどの資材や薬剤を入れ続けてきたからで、それは農家の誰もが知っています。

植物の根圏に集まる微生物(生物性)は土壌の化学性に大きな影響を与えるとされています。行き過ぎた除草と連作や単一栽培は生物相を単調にし、土壌の化学性を偏らせてしまいますが、その偏りを資材でもって調整する技術は完全ではありません。なので、自分の中で仮説を立てました。「化学性については、植生が多様で、生物性、物理性が豊かになれば自ずと結果は出るもので、作物にとって重要なのはその量ではなくバランスである」と。たとえ、その仮説が間違っていたとしても、土壌に対して取り返しのつかない事にはなりません。むしろ、適地適作の基本に戻り、それを見極めることができるのではないかと考えるに至りました。

草を基にした土作り」

一言に「土作り」といってもとらえ方は人それぞれであり、私自身においても当初から変化してきました。土を肥やすとはどういうことか、肥えた土のイメージ、そして理想とする畑のイメージもまた同様です。肥料は言わば作物を肥えさせるためものであって、土を作り肥やすためのものではないと言っても差し支えないと思います。肥えた土はそこに生物が生きている土であって常に作物にとっての栄養が生産されている土です。その生産されるサイクルを作る基質が草をはじめとする有機物です。なのでその基質が枯渇しないようできうる限り補給する必要があります。私の中でそれは酪農家が毎日牛に牧草をやることと同じように、畑の土に住む生き物に草という餌をやっているイメージです。作物を育てるのはその生きている土だからです。

なので、「刈り草が肥料になるのですか」という問いについては、「草は肥料ではなく、あくまで土を作るためです」という答えになります。草が肥料なのかそうではないのか、些細なこだわりのように映るかもしれませんが、無肥料栽培という考えのもと作物を育てる上では、結果に大きな違いを生みます。草に含まれる肥料分の数値は低いため、作物が思うように育たない理由を、「肥料が足りないから」と考えていては上手くいきません。目を向けるべき要素は他にたくさんあります。

温暖湿潤な土地では土作りの基本となる草が豊富に取れます。それは貴重な資源であり、どの土地においても当たり前に取れるものではありません。肥料がなくても豊富な草があり肥えた土を作れば、作物は健全に育ちます。

実際に作物が元気に育つよう畑の手入れをし、肥えた土を作るには年間10aあたり軽トラ20車分以上の刈草が必要となります。したがって、夫婦二人のいく農園では年間の作付け面積15aが限界です。

「草が生えていること」は多様な生態系を育むベースであり、よりたくさんの虫や微生物が集まり更なる食物連鎖へと繋がります。「無肥料栽培で土づくりは草だけです」というと、とてもベジタリアンな畑をイメージされるかもしれませんが、ひとりでに集まったたくさんの生き物もまたその土に還えるので、動物性タンパク質もたっぷり含まれることになります。作物を育てる土、それに含まれる養分、ミネラルの多様性とバランスを担保するのは多様な植生です。

「刈草を入れること」「草を生やすこと」、ともに土作り、畑作りにおいて注目すべきは、草そのものの成分にとどまらず、それを基に増殖する生き物の成分であり生態による物理的化学的作用です。

「作物はあくまで育てるもの」

作物は何をもって育つのか、土壌分析に基づく肥培管理をしなかった頃の農家が無知だったのかというとそうではないはずです。

畑は有機物が分解される時に結果として耕されること、刈草にもいろいろで、刈る時期によっても、種類によっても含まれる成分も働きも様々であること、自らの経験をもとに想像力を働かせることで、より多くの事を知り得たと思います。畑を肥やすために、手に入りうるかぎり多種多様な有機物を入れ、様子を見続け、手入れをしてきたことでしょう。掻き集めた落ち葉の中には木の実も含まれ、草に実がついていることもあります。植物性脂肪だけではなく、糖分、タンパク質、ビタミン、ミネラルも豊富に土に還るわけでしょうが、その数字を合わせることが重要なのではなく、作物が健全に育っているか常に気を掛けること、大局的な視点を培うこと、仕事の一つひとつが安易な受け売りではなく、各自の信念と経験から培うものだったと思います。

既存の農法に答えを求め、自然という観念にとらわれると、かえって見えなくるのではないでしょうか。私自身、とにかく畑でそのものを見続け、わからないことの答えを誰かに訊くのではなく、畑の中で見つけるようになった頃から、少しずつ展望が開けてました。作物の生育をコントロールし量産しようとすれば、ことは複雑難解になりますが、その発想を捨てれば、やるべきことは当たり前の積み重ねしかありません。農業は人それぞれ。小規模だからこそのやり様もまたあると思います。

作物は文字通り、歴史的に人が食物として作り上げてきたと言えるかもしれません。しかし、それは便宜的表現であって、本質は、育種という言葉もあるように、あくまで、望み育てるものであると思います。

「畑作りについて」

いく農園は棚田を畑にしています。耕土は浅く5cmほど、その下は地盤となります。普通に畝立てをしても、畝高は10cmくらいにしかなりません。(トラクターを使って撹拌すればボリュームは出ますがそれは一時のスポンジ生地のようなもので、浸水すれば当然萎みますし、シーズンが終わる頃にはやはり低く頼りないものになります。)なので、畑の隅から掻き集めたり端の畝を無くして他の畝に配分したりして、畝を作ります。そして、水が染み出す所が殆どなので、排水の溝を切り枕畝を立てます。

耕作放棄地の場合が殆どなので灌木の伐採や、その畑周りの薮や植林を伐採し陽当たりと通気性を確保することも畑作りには欠かせない仕事です。基盤を整備してからは、多様な植生の管理、刈草をたっぷり入れ、草を生やし、通気性のいい、浸水や干ばつに強い畑を作ることそれは年月をかけての仕事になります。畑作りがしっかりしていないと、いくら土を作ってもいい作物は穫れません。

 

 

IMG_1896 IMG_8885IMG_1974 IMG_2372IMG_2697 IMG_0301

いく農園の畑では今、、、

コメントを残す